メンズスカーフの巻き方

メンズスカーフの巻き方〜ネクタイ風、クロッシング風〜

 

色みが少ないメンズウエアに、スカーフは差し色として使え、コーディネートのアクセントになるので上手に取り入れたいアイテムです。スカーフを身につけているだけで、かなりお洒落な人に見られます。

 

スクエアスカーフをアレンジしたネクタイ風アフガン

前に三角形ができて、ドレープのある形をアフガンと呼びます。その上にネクタイ風の垂れがのっているものを、ネクタイ風アフガンといいます。

 

スカーフを半分に折り、三角形にします。輪の部分を内側に10センチくらい折って、前に三角形がくるようにかけます。

両端は後ろで交差させて、前に垂らします。

右側の垂れで、ゆるめの結び目をひとつ作ります。

左側の垂れを、結び目のすき間にうえから差し込みます。入れ込んだらその後結び目を少し締め付けます。

前側の三角の部分のドレープを整えます。

シャツの中にいれて、ネクタイ部分だけをだしてもお洒落です。

 

ロングスカープをアレンジしたクロッシング風

 

縦に2回くらい折って細長くします。首にぐるりと1周まきます。ゆるめに巻いて両端は前にたらします。

左側の垂れをうえにしてクロスします。男性の洋服の合わせと同じにするため左が上になります。

首に巻いてある輪を、右側の垂れの下に引き出して、輪の中に左側の垂れを上から差し込みます。

重ねエリのように首元が交差した形に整えて完成です。