スカーフコサージュの作り方・結び方

スカーフコサージュの作り方・結び方(キャビンアテンダント風)

 

スカーフの巻き方や結び方には、いろいろたくさんの方法があります。

 

ここでは、よくキャビンアテンダントの方々が巻いている、コサージュ巻きとカーネーション巻きの結び方を紹介します。

 

コサージュ巻き

 

角が手前にくるように、四角に拡げます。中心に向けて手前と反対側の角をあわせます。

もう一回両側から折ります。

最後は半分に折って、一本の細長いネクタイ状にします。

輪になっている方を内側にして、首にかけます。

右の垂れを上にして、1回結びます。この時に右の垂れを少し長めにしてからクルッと巻きます。

今度は、左の垂れをリボン結びをつくる要領で片側リボンの形にして、リボン結びを作るようにして右の垂れを通して固結びにします。

通した右側の垂れは、そのまま下に垂らして、左にできている半分のリボンを広げて、形を整えます。

位置を左側にずらして完成です。

 

 

カーネーション巻き

 

スカーフを四角に拡げます、端と端を持って、半分に折り長方形にします。

両端を持ったまま、ジャバラに折っていきます。だいたい3〜4センチの幅にします。

幅が狭いほうが、出来上がったときにヒダが細かくなりきれいに仕上がります。

ジャバラをきれいに折るコツは、折り曲げている時にスカーフを左右に引っ張りながらするといいです。

ジャバラに折ったら、首に手ぬぐいを巻くように後ろから置きます。

右側を上にして、1回結び、そのあと固結びを1回します。

両側の垂れのヒダを開いて、形を整えます。ふわっと空気を入れる感じに開きます。

位置を左側にずらして、顔の横にもってきて完成です。